岸田相場・岸田ショックはこれから?

スポンサーリンク
岸田相場・岸田ショック 岸田ショック
スポンサーリンク
【追記:金融課税、重要課題に明記へ 格差是正、来年以降議論 2021.11.19】
政府・与党が岸田文雄首相の掲げる所得再分配に向け、来年以降に金融所得課税の強化を本格的に議論する方向で調整に入ったことが分かった。
年末に決定する来年度税制改正大綱で、重要テーマとして議論を継続する「検討事項」に明記するという。

これで、完璧に岸田氏が財務省のポチであり、空気が読めない総理であることがほぼ確定した?

金融課税の話は、コロナの状況では、やるやる詐欺レベルでいい。
明記する必要はないんじゃない?

スポンサーリンク

岸田相場・岸田ショック

岸田総理が誕生したが、

そもそも、財務省のポチ。

いつ化けの皮がはがれるか?

っと思っていたが、発足早々、株価に影響。

巷では、
岸田相場・岸田ショック と言われるようになっている。

中国恒大・金融所得課税

  • 中国恒大の債務不履行問題は、それほど影響がないと考える節
  • 金融所得課税の見直しに踏み込む姿勢を見せていたが、まだまだ先の話という観測だった

などのネガティブ要素も、

それほど影響しないという見方だったが、就任からの動きが一気に日本株の魅力を下げた。

閣僚人事

本来は、総裁選で戦った相手に冷や飯を食わすというのは間違っていない。

しかし、今回はその先に衆院選がある。

ということは、
総裁選で戦った他の3人とも協力関係を築くことで、自民党という強さを見せるのが普通。

それに反して、
閣僚の段階で、自分の色を出しすぎ、冷や飯を食わす決断をした。

これで、衆院選は怪しくなった。

さらに、財務省のポチ感も、同時に見せてしまった。

売りに転じた相場

これによって、
大口も機関も海外投資は売りに転じる形となった。

ツィッターでは、ガースー(菅さん)よりひどい!
と言われるまで。

今回の総裁選。

メインは、
衆院選で60議席失ってもおかしくない状況をどう打開するか?

であった。

しかし、最終的に、河野にはしない!

というのが目的になってしまった。

選挙も怪しくなった

選挙で勝つなら河野さんか高市さん。

野田さんは論外

岸田さんは・・・・。

そんな感じであったのも事実。

発足間近とはいえ、

もう、今の段階で岸田内閣は短命で終わってもかしいんじゃない?

株価は民主党政権の雰囲気も出てくるんじゃない?

というところまで感じてしまう。

岸田さんに何を期待できる?

衆院選も、今やっとけば大けがにならないだろう。
という目論見もどうだろう?

岸田さんは多分、何もしない。

皇室や憲法、拉致の話は一切手をつけない・出ないだろう。

お金の話は、
増税に匂いが常に漂う政策になるだろう。
お金を配るけど・・・・増税

財布の紐が固く経済対策もイマイチでしょう。

まぁ、
これくらいのことは、岸田さんの耳にも届いているだろうから、それを打破してくれることを期待したい。

最後に
岸田さんは、

  • 「私は財務省のポチじゃない」
  • 「東大をあきらめた時に血族とは一線を画した」

位のことを言わないと、流れは変わらないだろうね。

後日、岸田さんへの謝罪ブログが書けることを期待しいてる。

高市総裁を期待しているのと同じくくらい。

8月28日の記事
株やっと上値を狙ってきたね:株価23000円

23000円を超え、今後の見通しを書いた。

その通り、23000円を突破し、24000円も超えてきた。

ニュースでも

1日の東京株式市場で日経平均株価が前日比125円72銭(0.52%)高の2万4245円76銭で取引を終え、終値で1991年11月以来26年11カ月ぶりの高値をつけた。
この日の買いの主体は、先週まで相場上昇をけん引してきた海外投資家だけではない。国内機関投資家が買いに本腰を入れ始めたとの指摘が出ている。

要するに、
バブル崩壊後の最高値を更新ということとなった。

チャートをみても、直近の高値を超えながら右肩上がりは見えている。

まだまだ調整しながら上がっている状況で、過剰な上がり方でない以上、これからもまだまだ、高値を更新していくだろう。

日経:今後の動きは?

ということで、日経は、25000円を目指して動いていくことになるのであるが、個人的にはそれほど難しくないとみている。

理由は、先にも紹介したら、調整を繰り返しながら高値を抜いているという状況から。

要するに、不安に思っている売りの人を食いながら、買いが入っているということで、100人が100人買いに入っている状況ではないから。

バブルのときは、

  • 買えば上がる
  • 買わない奴はアホだ!
  • 借金・借入は売り上げだ!

完全に、常軌を逸した行動。

バブル崩壊のことを口に出している人がいる状況の今は、ある意味健全と言えると考えている。

日経が上がるから儲かるは別

では、日経はあがるから、みんな儲かるか?
っというと、それは別。

銘柄選びが一番重要だし、チャートは単に右肩上がりではなく、調整を繰り返し、うねりながら上がっていくわけだから、どこで買うか?入るか?というポイントも重要となる。

よって、
入るところを間違えば、持たさせる時期が長くなり利が乗りにくくなったり、我慢できない人は退場もあるだろう。

ただ、いえることは、株をはじめるにはいい時期であるということ。

加熱感のない優良な株はたくさんある。

たとえば、無人レジ関連の銘柄は、
これから来る業績改善とはいえ、現状の数字が乗ってきていないため、波が来るのはこれから・・・。
通期の業績予想も悪いから、やはり短期狙い人は入りにくい。
このような株を、1年、2年持つつもりで、持っておくのはあり。

中国人をはじめとした外国人労働者の雇用にメスが入るのも時間の問題。
となれば、人材確保は厳しくなり、コンビニが無人レジになるのは時間の問題。

無人レジ関連の銘柄を調べ、過熱感をみるだけでもその先が見えてくると思っています。

そもそもキャッシングなどは昔は店頭に足を運ぶ必要がありましたが、それからむじんくんなど無人のキャッシング、今はネットでキャッシングの申し込みを行い、写メで身分証明書等を撮影し、それをアップロードで審査も終了。
簡単にお金が借りられるようになりましたからね 。

今日はこの辺で。

オススメの即日融資カードローンについて

お金がどうしても足りないときには、カードローンを利用することでそのピンチを乗り切れることがあります。
申し込みはインターネットであれば24時間365日受け付けていますし、携帯電話やスマートフォンからでも申し込めるのでいつどこにいても手続きをすることができます。
また、審査もとてもスピーディなので、審査結果がなかなか出ずにやきもきするようなこともありません。
さらに契約手続きの際に即日振り込みサービスなどを利用することで、振込対応してくれますから即日融資を受けることもできるんです。
これなら、急ぎのときでも安心してカードローンを申し込むことができますね。
カードローンは正しく利用すれば決して怖いものではありません。
返済シュミレーションなどをしっかりと利用して、計画的な利用を心がけましょう。
また、残念ながらすべてのカードローンが即日融資が可能というわけではありません。
ですから、イザと言う時の為に即日融資出来るカードローンの紹介をしております。ご活用下さい!

即日融資カードローンと審査について

グレーゾーン金利撤廃以降、様々な業種が個人向け小規模投資に参入しサービス面や金利面で競争が行われています。
そんな中で現れたのが即日融資カードローンと呼ばれる物で、一定の時間以前に契約を行えば即日融資を行ってくれるというカードローンです。
なぜそのようなことが可能になるかというと、審査にコツがあり職業や年齢などの属性からどの位までは返済が可能なのかという事をコンピューターで算出し、詳しい審査や調査は後日行うという方式で即日融資を可能にしています。
信用情報というのは取扱い機関が空いていればほぼすぐに取り寄せることが出来るなど、コンピューターが広がったおかげで可能となったシステムでありカードローンに限らずキャッシングなどでも取り入れられています。
他にもあらかじめ申請と共に審査をしておきカードローン専用カードを発行するという方法もあり、此方は銀行のキャッシュカードなどに付加されている事が多いようです

即日融資カードローンでの限度額について

カードローンのうち、申し込んだその日に貸付が行われるサービスを即日融資と呼びます。
この即日融資のカードローンは利用者がインターネットを通じて申し込みを行い、その場で自動的に審査が行われる仕組みとなっていますが、その際に借り入れることができる金額については従来のカードローンやキャッシングと同様に上限額が定められています。
限度額の基準については、利用者の年収や職業、勤務先、家族構成など様々な要素が審査対象となり、それらをもとに利用者の返済能力を判断して決定されます。
この際、年収が高かったり、安定した収入が見込める職業に就いているほど限度額は引き上げられることになりますが、現在ではこうしたカードローンの利用については総量規制と呼ばれる制限が設けられているため、原則として年収の三分の一を超える貸付を受けることはできないことになっています。
ただし、総量規制には例外も設けられており、銀行系のカードローンに限っては制限の対象とならず、条件を満たしていれば年収の三分の一を超えて貸付を受けることが可能となっています。

カードローンで即日融資する条件とは

現在の銀行や消費者金融のカードローンサービスでは、すぐにお金が必要な人に対応できるように即日融資が可能なサービスが増えています。
カードローンの申し込み条件については、金融業者ごとに異なる設定になっていると言えますが、即日融資を受ける条件としては平日の午後2時ごろまでにカードローンの申し込み手続きや借り入れ手続きを済ませておく必要があります。
即日融資を受けるためには金融業者ごとの営業時間について、事前に確認しておく必要があるでしょう。
また、営業時間だけでなく、審査が可能な時間帯についても金融業者によって異なっていますので注意が必要になります。
カードローンの審査には、運転免許証や健康保険証などの身分証明書の提出が必要になります。
これらの必要書類についてあらかじめ準備しておくことも、カードローンで即日融資を受けるための大切な条件となります。
インターネット上で申し込みを行って、指定している銀行口座に振り込んでくれるサービスを行っている金融業者を選択することで、即日融資を受けやすくなると言えます。

カードローンの即日融資とその金利とは

カードローンは多彩なサービスが増えているのですが、審査が遅いといわれていました。しかし、現在では即日融資が可能となっているカードローンが増えています。即日融資ができるカードローンは各社で用意されていますが、金利面で不安に思う方も少なくないようです。即日融資の金利は一般的なカードローンの金利と変わりません。金利は返済方法によって決定されます。金利は一括払いがもっとも安く設定される傾向があり、ついで、分割、リボ払いと続きます。この内、分割払いについては返済回数によって金利が変わりますのでライフスタイルに合わせて回数を決めやすくなっています。リボ払いについては返済時と借入時双方で計算が行われるので注意が必要です。また、他の支払い方法と違い、借りたごとに合算されて計算されるので負担は増える傾向にあります。

ただし、繰り上げ返済がし易いことや、月の生活費が苦しい時は最低限の返済、余裕が有るときは多めに返すことができるので賢く利用できる返済方法として人気があります

無利息でカードローンをつかい即日融資

カードローン会社によっては、無利息で即日融資を受けられるサービスがあります。
無利息期間や条件は、カードローン会社によって違います。
今までカードローンを利用したことがなくて、短期間しか借りない場合は、即日融資の利用条件を満たす場合が高いです。
無利息キャッシングは、期間中は利息がつきません。金利の負担が軽くなるので、完済しやすいサービスです。
よく、初回借り入れ時に一定期間無利息キャンペーンなどをやっている場合がありますが、これは、その人がしっかりと完済出来る能力があるかを判断するためでもあります。
初回のみに限定されているカードローン会社もありますが、中には返済期間は短く設定されていますが、何回も繰り返し無利息キャッシングを利用出来るカードローン会社もあります。給料日前に少しお金が足りない、ATM時間外で手数料を払いたくない、短期間だけ借りたい時には無利息キャッシングを利用した方がお得になるかもしれません。
よく考えて自分に合ったキャッシングを利用しましょう。

カードローン 即日融資と借り換え

即日融資が可能なカードローンを利用すると、借り入れ申し込みをしたその日のうちに現金を受け取ることができますので、急いでいるときにも安心です。使い道が自由ですので、欲しいものを購入したり急な出費に対応したり、借り換えに使うこともできます。カードローンは一般的に利率が高いといわれていますが、高額の融資であれば金利もかなり低くなりますので、それよりも高利のところから借り入れをしている人の場合、即日融資で借り換えをすると利息を大幅に減らすことができます。カードローンの申し込みは窓口まで出向かなくても、インターネットや電話で対応してもらえますので、外出する時間が取れないという人でも安心です。通常の借り換えローンとは違い、利用限度額に余裕があれば他の目的で追加借り入れをすることも可能になっていますので、借り換え後もいざというときのために持ち歩いておくとよいでしょう。もちろん、信用に応じて限度額の増枠も可能です。

カードローンと即日融資と総量規制

年収の3分の1を超える貸し付けを禁じているのが総量規制で、これには他社借入額も含まれることになりますので、他の消費者金融などからお金を借りている場合は、カードローンで利用できる、利用限度額は少なくなったり、申し込みが出来ない場合も有るのです。

【広告】

タイトルとURLをコピーしました