インスタ映えするアパート【ミハス】これが認知される日は近い?!明豊エンタープライズ

ミハス?

【ミハス】をご存知でしょうか?

ミハス(スペイン語: Mijas)は、スペイン・アンダルシア州マラガ県のムニシピオ(基礎自治体)。コスタ・デル・ソルにあり、白い村(スペイン語版)の中心的な町として、国内で有数の観光地となっている。経済は主に観光によって成り立っている。

ミハス

 

太陽の国スペインのアンダルシア地方にある 有数の観光地ミハス。
その爽やかな都市ミハスをイメージした 賃貸アパートメントブランド 『MIJAS -ミハス-』を明豊エンタープライズが展開しています。
インスタ映えするアパートです!

SENKAWA ミハス千川
SENKAWA ミハス千川
NAKANO ARAIYAKUSHI ミハス中野新井薬師
NAKANO ARAIYAKUSHI ミハス中野新井薬師

など。

明豊エンターとは

四季報から

【連結事業】不動産分譲70(12)、不動産賃貸26(8)、不動産仲介1(95)、請負3(10)、他0(92) <17・7>
【吹き上げる】投資用賃貸アパート『ミハス』は自然体で22件程度を引き渡し。賃貸仲介堅調増。大型不動産売却が大きく上乗せ。営業益3・3倍増。繰延税金資産の計上ない。復配のうえ創業50周年記念配に期待。
【間口広げる】不動産特定共同事業者の認定を受け、18年春メドに『ミハス』の小口化商品販売を企図。供給済み34物件の稼働率は17年9月末で97・7%と高水準を維持。

明豊エンターの業績

ここにきて、急激に売り上げを伸ばし、前期比の倍を予想しています。
明豊エンター 業績

その裏付けとして、
IRニュースから、販売用不動産の譲渡、新規融資による新規事業用地購入が頻繁になっているのが分かる。
(賃貸アパートメントブランド『MIJAS(ミハス)』事業の用地として取得)

明豊エンターの株価

明豊エンター 株価
初動は、2017年8月末。
「ミハス吉祥寺東町」の売却が材料として買われ、以下の業績予想で160円代から466円まで買われた。

18年7月期通期の連結業績予想を発表。営業利益見通しは21億7000万円(前期比3.2倍)とし、10期ぶりに復配(期末一括配当で5円)する方針を示した。売上高は150億円(同2.0倍)を予想している。14年7月期に立ち上げた賃貸アパートメントブランド「MIJAS(ミハス)」を主力事業とし、年間25棟前後を供給する計画。また、資金繰りの安定や健全な財務体質づくりに向け、短期間での資金回収が見込めるタウンハウスやシェアハウス、戸建のほか、中古マンション再販リニューアルなどにも取り組むとしている。

しかし、この会社業績、当初は、ミハス吉祥寺東町の売却が寄与するもので、今後これが続くのか?疑心暗鬼の状態が売られる原因ともなった。
結果的に300円まで株価を落とすことになった。

そして、12月の決算で

18年7月期第1四半期(8-10月)の連結経常利益は前年同期比14倍の9億円に急拡大し、8-1月期(上期)計画の9億円に対する進捗率が100.9%とすでに上回り、さらに5年平均の69.8%も超えた。

となり、ミハスの今後が明るいということも重なり、第2の波が来た・

そして、一時期500円手前まで値をつけ、現在(2018,01,10);株価は449。
500円を抜くのも時間の問題。

ミハスが今以上に認知されることで1000円、いやいやその上も目指せるだろう。

インスタ映えするアパート設定・運営・経営でテレビ取材されたら一発かもね。
ガイアの夜明けとか・・・。

 
【追記】
1月17日、不動産小口化事業へ参入。
ということで、賃貸アパートブランド「ミハス」の小口化商品として、東京23区を中心とした優良不動産を500万円から購入することが可能というIRがでました。
ミハスの一口オーナーになれるとうことで、より「ミハス」が身近になりました。
もともとオシャレアパートで、空室率も低そうなのでオーナーからの需要もありそうですね。
 

 
【追記:2018.3.15】
2Qの決算
 明豊エンタープライズ <8927> [JQ] が3月15日大引け後(15:00)に決算を発表。
18年7月期第2四半期累計(17年8月-18年1月)の連結経常利益は前年同期比5.7倍の12.5億円に急拡大し、従来予想の9億円を上回って着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の20億円→23億円(前期は5.3億円)に15.0%上方修正し、増益率が3.7倍→4.3倍に拡大する見通しとなった。
と、通期予想を上方修正した。

これに対して、PTSでは売りが先行している。
個人的に、想定通りの数字だとみてる。
1Qで営業益・経常益とも9億という数字が出ただけに、2Qも同様の数字を期待していたということだろうか?

不動産とはいえ、通期予想が大きくブレることはあるが、通期20億円だけでも、超絶と言っていい数字。
それを23億円に修正したこと自体がミハスの拡大が見て取れる、また、今後更なる上方修正も期待できるとも言える。

筆者は決算持ち越しをしないタイプだけに、1000の節目に売却しているが、売られるようであれば、節目でまた入ってもいいと思う。
というのも、まだまだ、ミハスの拡大は未知数であると思っている。

タイトルにはインスタ映えするアパート【ミハス】としているが、ミハスというブランドはこれから首都圏だけでなく、地方へも拡大していく予想できる。

私は不動産の専門家ではないので、間違っていたら訂正して欲しいが、
収益用不動産取得のIRを見ると分かるが、積極的に地銀が新規の融資に応じている。
これは、地銀からの持ち込み、もしくはそれに近いものを感じる。
要するに、ミハスブランドを獲得したい銀行・地主需要があるのではないか?ということだ。

明豊が営業しなくても優良な用地が集まり、それに対する融資のハードルも低く、さらに、主導権が明豊を握れる立場だとすれば・・。