思惑が崩れたビーマップと秋元康@しかし、まだ終わっていない?

今日紹介するのはビーマップ。

ビーマップという会社を四季報から紹介すると

【特色】鉄道など交通関連、位置情報、画像配信事業展開。無線LAN設置も。不採算事業の整理進める
【連結事業】ナビゲーション19(20)、ワイヤレス・イノベーション66(11)、ソリューション15(-81) <17・3>
【均衡圏】東京五輪控え無線LAN設置案件が伸長。前半に好採算の大型案件獲得、保守も順調拡大。が、新規のシステム開発2件が不採算化。通期で営業損益均衡圏。19年3月期も無線LAN設置案件が増加。
【対 策】不採算化リスク排除へシステム開発は新規分野の受注停止。通訳サービスは外注主体へ変更奏功、企業・自治体の利用増え来期黒字化狙う。継続前提に重要事象。

観光立国を目指し、
外国人観光客が増え、国としても観光客誘致に力を入れ、国策の1つである無線LAN設置で業績は徐々に上がっている会社がビーマップ。

ビーマップの思惑

ビーマップが注目を集めたのは、ビーマップ 秋元康のキーワードが踊りだしたときから。

株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社Y&N Brothers、株式会社ビーマップで新会社を設立し、スマートフォンとメディア、店舗を繋ぐサービスを提供するというニュースがそれ。

株式会社Y&N Brothersは秋元康氏と実兄が属する企業ということで、
秋元康氏がプロデュースしているアイドルを起用しプロモーションなど行っていくだろうという憶測がそれ。

ということで、発表直後、6連続ストップ高を記録した。

ビーマップ

500円そこそこの株価は、一気に3090円まで。
それが今年7月のこと。

ビーマップの思惑が崩壊?

それから4か月。
高値からの調整(底1418円)を済ませ、11月ころからまだ、思惑が再熱。

株価は2500円を超え、いつIRがでるのか?
掲示板やツィッターでつぶやかれるようになった。

そして、その発表の場は、
2017年12月05日の個人投資家向け会社説明会だという憶測が広がった。

【12月05日の1日の動き】
ビーマップの思惑

寄り 2855
個人投資家向け会社説明会 直前にはS高の3335に
そして、
説明会で思惑が打ち砕かれると、S安の2334に。

1日、ストップ高とストップ安を記録することになった。

裏は取れていないが、
このような思惑はない!と言われてしまったことが全てのようだ。

選択肢の1つだ!くらいの答えであれば、ここまでなることはなかっただろうが・・・。

ビーマップの思惑は継続?

本日12月22日の株価は1,744。

では、ビーマップの思惑は終わってしまったのだろうか?

株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社Y&N Brothers、株式会社ビーマップで新会社でもある株式会社MMSマーケティングが、目立った動きをしていないのは事実。

株式会社MMSマーケティング

可能性は消えたわけではないと思うが、過剰な期待はできないのも事実。

今後のMMSマーケティングの動きがやっぱり気になる・・・・・。