岸田相場・岸田ショックはこれから?

スポンサーリンク
岸田相場・岸田ショック 岸田ショック
スポンサーリンク
【追記:金融課税、重要課題に明記へ 格差是正、来年以降議論 2021.11.19】
政府・与党が岸田文雄首相の掲げる所得再分配に向け、来年以降に金融所得課税の強化を本格的に議論する方向で調整に入ったことが分かった。
年末に決定する来年度税制改正大綱で、重要テーマとして議論を継続する「検討事項」に明記するという。

これで、完璧に岸田氏が財務省のポチであり、空気が読めない総理であることがほぼ確定した?

金融課税の話は、コロナの状況では、やるやる詐欺レベルでいい。
明記する必要はないんじゃない?

スポンサーリンク

岸田相場・岸田ショック

岸田総理が誕生したが、

そもそも、財務省のポチ。

いつ化けの皮がはがれるか?

っと思っていたが、発足早々、株価に影響。

巷では、
岸田相場・岸田ショック と言われるようになっている。

中国恒大・金融所得課税

  • 中国恒大の債務不履行問題は、それほど影響がないと考える節
  • 金融所得課税の見直しに踏み込む姿勢を見せていたが、まだまだ先の話という観測だった

などのネガティブ要素も、

それほど影響しないという見方だったが、就任からの動きが一気に日本株の魅力を下げた。

閣僚人事

本来は、総裁選で戦った相手に冷や飯を食わすというのは間違っていない。

しかし、今回はその先に衆院選がある。

ということは、
総裁選で戦った他の3人とも協力関係を築くことで、自民党という強さを見せるのが普通。

それに反して、
閣僚の段階で、自分の色を出しすぎ、冷や飯を食わす決断をした。

これで、衆院選は怪しくなった。

さらに、財務省のポチ感も、同時に見せてしまった。

売りに転じた相場

これによって、
大口も機関も海外投資は売りに転じる形となった。

ツィッターでは、ガースー(菅さん)よりひどい!
と言われるまで。

今回の総裁選。

メインは、
衆院選で60議席失ってもおかしくない状況をどう打開するか?

であった。

しかし、最終的に、河野にはしない!

というのが目的になってしまった。

選挙も怪しくなった

選挙で勝つなら河野さんか高市さん。

野田さんは論外

岸田さんは・・・・。

そんな感じであったのも事実。

発足間近とはいえ、

もう、今の段階で岸田内閣は短命で終わってもかしいんじゃない?

株価は民主党政権の雰囲気も出てくるんじゃない?

というところまで感じてしまう。

岸田さんに何を期待できる?

衆院選も、今やっとけば大けがにならないだろう。
という目論見もどうだろう?

岸田さんは多分、何もしない。

皇室や憲法、拉致の話は一切手をつけない・出ないだろう。

お金の話は、
増税に匂いが常に漂う政策になるだろう。
お金を配るけど・・・・増税

財布の紐が固く経済対策もイマイチでしょう。

まぁ、
これくらいのことは、岸田さんの耳にも届いているだろうから、それを打破してくれることを期待したい。

最後に
岸田さんは、

  • 「私は財務省のポチじゃない」
  • 「東大をあきらめた時に血族とは一線を画した」

位のことを言わないと、流れは変わらないだろうね。

後日、岸田さんへの謝罪ブログが書けることを期待しいてる。

高市総裁を期待しているのと同じくくらい。

タイトルとURLをコピーしました