《エヌノーズ:実用化》尿1滴で がんを“超”早期発見:HIROTSUバイオサイエンス

スポンサーリンク
HIROTSUバイオサイエンス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エヌノーズ ガン検査

以前からニュースでも報じられていました。

バイオスタートアップ企業のHIROTSUバイオサイエンス
線虫がん検査「N-NOSE」の実用化に向けた最終調整として行うトライアルに、福岡県久留米市及び小郡市が自治体として初めて参加すると発表。

それがついに実用化されました。

それが昨日、ガイアの夜明けで紹介されました。

簡単な説明をすると
ベンチャー企業の「HIROTSUバイオサイエンス」が開発したがん検査。

尿1滴と線虫という体長1ミリほどの糸のような虫は、嗅覚受容体という匂いを感じるセンサーを約1200種類持ち、嗅覚は犬以上。

独特の匂いがあり、この匂いを好む線虫は尿に寄っていく。

逆にがんではない人の尿からは逃げていく。

この習性を利用し、尿に近づいた虫と離れた虫の数を調べ、がんにかかっている可能性を判定するのだ。
引用:テレビ東京

そのHIROTSUバイオサイエンスは2020年1月から”エヌノーズ”として実用化されました。

費用は驚きの9800円。

個人的に、人間ドックは血液検査とエヌノーズだけでいいんじゃん?

という気も。

エヌノーズと思惑

エヌノーズと株の関係は面白く、試験段階から何社か動いていました。

エヌノーズを生み出したHIROTSUバイオサイエンスは上場していませんが、出資している企業がいくつかあります。

高感度でがんの早期発見が期待できる線虫がん検査『N-NOSE』を研究開発する株式会社HIROTSUバイオサイエンス(東京都港区:代表取締役 広津崇亮)は、事業会社6社、銀行系キャピタル2社を割当先とする第三者割当増資を実施しました。割当先は次の通りです。

  • トッパン・フォームズ株式会社(東京都港区:代表取締役社長 坂田甲一)
  • アズワン株式会社(大阪府大阪市:代表取締役社長 井内卓嗣)
  • エイベックス株式会社(東京都港区:代表取締役会長CEO 松浦勝人)
  • 株式会社ニッポン放送(東京都千代田区:代表取締役社長 岩崎正幸)
  • 株式会社イチネンホールディングス(大阪府大阪市:代表取締役社長 黒田雅史)
  • みらかホールディングス株式会社(東京都新宿区:代表執行役社長兼グループCEO 竹内成和)
  • いよベンチャーファンド5号投資事業有限責任組合(愛媛県松山市:株式会社伊予銀行 代表取締役頭取 大塚岩男、いよぎんキャピタル株式会社 代表取締役社長 大泉謙一)
  • 投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド2013(愛媛県松山市:株式会社愛媛銀行 代表取締役頭取 西川義教、京都府京都市:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 代表取締役社長 松本直人)

引用:PRTIMES

この中から

  • 時価総額が低いFVC:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
  • 法人促進を担うらしい株式会社イチネンホールディングス

が買われています。

FVC

FVC

イチネンホールディングス

イチネンホールディングス

HIROTSUバイオサイエンスの今後:エヌノーズ

ガンの早期発見、それも格安で実現ということは、国家レベル:国策に値するでしょう。

現状、1日の検査に要する時間がかかるようですが、それも時間の問題でしょう。

となれば、日本を越えて世界的企業:HIROTSUバイオサイエンスになるでしょう。

いずれは上場という話にもなるでしょう。

となれば、出資している会社は大きな恩恵が出るでしょうし、法人促進を担うイチネンホールディングスの業績に大きく寄与することでしょう。

人間ドックは人生で一度ではありません。
基本的に毎年行いますし、法人契約とればストックビジネスとなります。

現状、中東のリスクで株価は落ちつかないですが、
この思惑はそれを打破する可能性もありますし、逆に、外的要因で株価が下がるようであれば、仕込みたいところですね。

タイトルとURLをコピーしました