スペースマーケットはテンバガー狙える?

スポンサーリンク
スペースマーケット
スポンサーリンク

マクアケの上場で盛り上がってるIPO銘柄。

新規上場銘柄だけにその値動きは激しいわけですが、

今回はその中から、スペースマーケットを紹介したいと思います。

中期的に、テンバガー狙えるのではないか?
っと感じています。

スポンサーリンク

スペースマーケットを含む直近のIPO

12月20日に上場し、23日1900まで買われたかと思えば1400まで一気に売られ、IPO銘柄らしく思惑が右往左往しているのが現状ですが、

このスペースマーケット、半年、一年というスパンでかなり楽しめる銘柄だと思っています。

スペースマーケット テンバガー

上場直後なので、株価が落ち着いてから購入をおすすめしたいですが、空きスペースの活用はかなり汎用性があると考えています。

民泊とは、法制度の兼ね合いから一緒には扱えないですが、空きスペースを商業化という意味では、多くのビジネスを食って行く可能性まで感じています。

スペースマーケットのビジネスモデル

簡単に言えばスペース貸しです。

AirBNBなどの民泊は、宿泊という行為が伴うため参入のハードルは高いですが、こちらはスポット貸しなので気軽に参入でき、小遣い稼ぎができます。

こんなところが始まりです。

しかし、これが小遣い稼ぎの域を超えるのは時間の問題だと思っています。

そもそも、貸しスペース・セミナールーム・会議室としてビジネスを行っている会社があります。

セミナールームとしてTKP、調べたらルノアールなども貸し会議室をやっているようですが、このあたりとスペースマーケットに登録されている部屋を比較すると、
価格的には、格段に安いですし、場所に縛りがないですから、スペースマーケットに登録されている部屋を借りる人が増えていくでしょう。

活用は多種多様

さらに、今後、期待されるのがオーナーによる個性の発揮。

ラブホ的な活用。

ラブホ街に行くことなく、そのスペースを活用でき、個々のセンスとサービスで勝ち組オーナーが出てくるかもしれません。

漫画喫茶的な活用

特定のジャンルの漫画を集めたスペースや室内の装飾などはファンの聖地的なスペースができるでしょう。

飲食店アイドルタイム活用

飲食店がスペースを貸すという流れもできてくるでしょう。
衛生上、キッチンの使用の範囲は、それなりの手続きやルールが必要ですが、飲食店側からすれば、空き時間にお金を稼ぐ形は積極的に参入してくるでしょう。
味やサービスはいまいちだけど、雰囲気のいいお店はたくさんありますから・・・。

その他、
今もかなりラグジュアリーな部屋などありますし、知名度が上がっていくことでシェアを食っていくのも時間の問題でしょう。

スペースマーケットとオリンピック

オリンピックに限らず、外国人観光客が増えている今、ホテルが足りないという問題に直面しています。

スペースマーケットも民泊サービス参入を表明しています。
ハードルが高いので爆発的に伸びるとは思っていませんが、その姿勢は支持できます。

ただ、
国が民泊の規制を緩和傾向にもありますので、そのサポート役になりうる可能性は大いにあります。

実際に、岐阜県美濃加茂市と提携し公共施設をスペースマーケットに掲載ということもあるわけですから、その先には見えるものは想像がつきます。

スペースマーケットどこで仕込むか?

株自体、そもそも需給関係に成り立っていますし、IPO銘柄として安定しない株価なので、底値を見つけるのは難しいかもしれません。

ただ、思惑を超える可能性がある銘柄ですから、
丁寧に仕込んでいきたいところです。

タイトルとURLをコピーしました