増税によるレジ関連銘柄、織り込み済みだろうか?

スポンサーリンク
増税によるレジ関連銘柄 増税によるレジ関連
スポンサーリンク

増税を10月1日控え、増税関連銘柄の動きが気になる。

というか、個別銘柄というより、
レジ関連銘柄の上乗せはこれからではないか?

というのが、今回のお話。

スポンサーリンク

増税によるレジ関連

そもそも、増税が発表されれば、それに向けて各社動き出すのが基本。

よって発表され一回上がって、1年前にそれなりの見込みや需要が見えてきて、決算に上乗せ。

増税時は、織り込み済みっというのが一般的な話。

しかし、今回の増税に関して、その流れでいいのか?

そもそも、増税の話があった時、

  • 本当に10月1日に増税されるか?
  • その前に凍結になるのではないか?

筆者自身も、凍結になると思っていた。

総理は改憲も1つの目標としているだけに、そのためには経済の安定は不可欠。

増税によって、景気不透明という形を選択するか?

そんなことから、6月くらいまで凍結の可能性があると思っていた。

実際の所、私も夏になってやっと増税を確信しそれに向けての対策を行い始めたのが事実。

クライアントも準備はしていたものの決定したのはこの時期。

知り合いの飲食店も、まだ、準備していない所やキャッシュレス消費者還元にやっと登録したところも多数。

増税によるレジ対応

まぁ、個店のレジと言っても、設定の8%を10%に変えるだけだから、レジを総取り換えというわけではないけど・・・。

ただ、軽減税率の設定も入ってくるとなると確実に、その判断が難しかった今回、

レジ関連銘柄の企業の売上の見立ては先送りになっていた可能性がある。

7月や8月の決算では乗っていない数字が次の決算で乗ってくるのではないか?

10月あたりに上方修正があるのではないか?

まぁ、短信や報告書を見れば、何となくそのあたり見えるかもしれないけど・・・・。

増税 レジ関連銘柄

増税によるレジ銘柄・無人も

レジ関連の場合、無人レジも今後拡大していきそうだ。

アマゾンのサンプルモデルのように何もしなくても勝手に決算されるレベルでなくても、

自分でレジを通すレベルのことは1回やれば慣れるし、人員削減をしない企業としては、積極的に導入しておかしくない。

株の場合

  • 思惑
  • 数字

この世界観・ギャップで動くので、

レジ関連は、織り込み済み的な見られ方をしているけど、だから今、仕込みんでおくのはいいかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました