エクストリーム (6033)熱いね。

夏枯れとか言われている今の相場。

おとといはトルコリラショックで大きく日経もつられる形で下げている状況で熱いのがエクストリーム (6033)。

ちなみに、昨日、4-6月期(1Q)の決算で

エクストリーム <6033> [東証M] が8月14日大引け後(15:40)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比24.2%減の5000万円に減ったが、通期計画の1億6500万円に対する進捗率は30.3%に達し、前年同期の22.1%も上回った。

数字としては、
別に取りだてて言いわけではないが、通年を予想するとワクワクしてしまうのが今のエクストリーム (6033)。

それが中国でのセルラン。

エクストリーム<6033>がストップ高の2500円水準でカイ気配となっている。2日の取引終了後、同社が保有するIP「ラングリッサー」について、スマートフォンアプリに関するライセンス許諾先の中国・天津紫龍奇点互動娯楽が、iOS版「ラングリッサー」の配信を中国でスタートさせたと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。
 iOS版「ラングリッサー」は、歴代作品が持つ魅力はそのままに、最新の技術を駆使して、さまざまな要素がパワーアップした完全新作のスマートフォンゲーム。事前登録者数は100万人を突破するなど事前人気も高いことから、業績への貢献が期待されている。

05/14に出た、通期予想は完全に上方修正されるのは間違いなく。
仮に月商15億だとしても、通期予想で3倍。
しかし、その数字自体も控えめに見ての話・・・。

チャートとしては、これから1万を目指し突破しそうな勢いだが、そこからどこまで伸びるか?
実態となる数字をどこまで読めるか?ということになるのでセルランに左右されるのは間違いないが、中国ということもあり、日本の環境と一緒にしてはいけない。
プロモーションも日本と中国では違うし、それ以上に本質的にゲームとしての質が見られていない気もする。

ただ、チャートはずっと右肩上がりということはないため、今から入るのであれば適度に利確しながら、逃げる用意も必要。

下で持っている人は、ある程度ガチホの構えということだろう。