ガンホーがきな臭い・・・何か爆発の予感!?:妖怪ウォッチワールド・米グーグル・ポケモンGOとの違いは?

ガンホーがチャート・出来高・材料、揃ってきている気がする。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント (3765)のチャート

ガンホー チャート

直近のチャートを見ると、出来高が一気に増え、株価も右肩上がり。

6月25日の週は米中貿易問題もあり、株価がさえない中、この動き。

時価総額がでかく、軽い銘柄とは言えないが、去年2月につけた407は短期で目指せるように思う。

ガンホーのIR:妖怪ウォッチ・米グーグル・・キーわードもいい

ガンホーが急伸したのはこれ

ガンホー後場急動意、「妖怪ウォッチワールド」をリリース
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>が後場急動意。この日正午ごろ、レベルファイブ(福岡市中央区)とのスマートフォン向け共同開発タイトル「妖怪ウォッチワールド」をリリースしたと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同アプリは、「妖怪ウォッチ」5週年を記念した開発したタイトルで、GPSを使って全国に放たれた妖怪を仲間にしていく妖怪探索位置ゲーム。米グーグルがマップAPIやサーバーで開発協力しており、日本の各地に出現する妖怪を探しバトルするという内容だという。

  • 妖怪ウォッチ?
  • 位置ゲー?

容易に予想がつくのはポケモンGO。

ポケモンも妖怪ウォッチも詳しく知らない私が言うのもなんだが、世界観が確立しているだけに期待は大きい。

パクリという意見もあるが、位置ゲーということでそれなりに似るのはしょうがないだろう。

問題は、完成披露発表会での

本作のコンセプトは「リアルの世界で妖怪を探す」。

というもの。

その1として

Google Mapsのデータおよびインフラを活用し,リアル世界をベースとするゲーム開発のサポートを始めたとのことで,「妖怪ウォッチ ワールド」はその事例の一つとなる

 というものが、そこまでリアルで、受け容れられるか?評価されるか?

この辺にかかってくるだろう。

ガンホーの業績

では、そのガンホーは買いなのか?

四季報的には

【減 額】子会社が海外で展開するスマホ版『ラグナロク』は配信地域拡大で下期にかけ寄与本格化。ただ、収益の大半を稼ぐ国内『パズドラ』はユーザー数縮小傾向続き、課金収入想定以下。営業減益幅拡大。
【新 作】4月にスマホゲーム『クロノマギア』を配信。並行して連載開始の漫画版と連携し人気化狙う。『ラグナロク』は3月に韓国版を配信開始、国内版も目下準備中。

業績的には
ガンホー 業績
こんな感じ。

ガンホーといえば、パズドラが支えているイメージがあり、
このところ、そのパズドラの減収も想像がつく。

だからこそ、2013年の高値1633円から、現在260円あたりまで株価は下がっている。

5年も前の話だから、高値掴みをした人の怨念もなくなっている。
となれば、「妖怪ウォッチ ワールド」の売れ行き次第では、大きく跳ね上がる要素は多分にある。

仮に糞ゲーだったとしても、この株価であれば動じないだろう。

夏休みに向けてダウンロード、課金が延びれば・・・・。

妖怪ウォッチはおっさん好みの笑いもちり散りばめられているし、その辺も再確認されるようであれば中ヒットも・・・。

いずれにしても、
ポケモンGOとの差別化ができるのか?
逆に、共闘?

googleの持ってるコンテンツがどう融合されるか?

この辺もポイントとなるだろう。